24歳受験物語

模試を受けてからの心境の変化

この記事を書いた人
ゆうき

皆さんこんにちは!ゆうきです。

今回は参考書の紹介でもしようかなと思いましたが、志望校を変えてからの心境や勉強の変化を書こうと思います。

前回、僕は第2回のマーク模試を受けて志望校を変更しました。

次の日は落ち込みすぎてあまり勉強できませんでしたね…

しかし、ここで諦める訳にはいかず1日使い改めて僕自身受験で大切と思う計画、精神について考えました。

1.計画

今までは国立を目指していた為、一教科あたりに費やせる時間がとても少なかったです。

じゃあこれからは三教科になるからといって合計の勉強時間が減るのか?

いや、合計の勉強時間を変えずに三教科に費やす事によって「俺、もっと賢くなるんじゃね?」と考えました。

その結果、各勉強時間は

英語 5時間
日本史 4時間〜5時間
国語 2時間

と振り分けました。

英語は得意科目にしたいし、

日本史は苦手な為、時間をかけてます。

2.精神(モチベーション)

急に志望校を変更してモチベーションを保てるのか?
と聞かれそうですが、
今の所、僕はモチベーションを下げずに勉強できてます!

大学で経験した事や学んだ事が将来に結びつけばどんな人生を送れるかを想像するだけでワクワクします!(その為には有名大学に行かないとね…)

最後に

そんなこんなで24歳頑張っています!

この歳で大学に行く事が正解かは分かりませんが、きっと違った世界が見えてくると信じています。

ではまた次回の記事で会いましょう!

このカテゴリーの他の記事