受験指導のB.F.S.について

Bridge For Students

はじまり

受験指導のB.F.S.(Bridge For Students)は、2017年1月に、

Bridge For Students(受験生と京大生の架け橋になる

を目標に掲げ家庭教師サービスを開始いたしました。2020年現在、お陰様で3周年を迎えられることとなりました。

我々の使命

我々の使命とは何か。
それは、組織を経営することでも利益を追求することでもありません。

入会を選択されたその時に、生徒様そして保護者様が抱かれている夢を実現させることです。

我々は常にそのお客様の目標や夢を念頭に、誠心誠意尽力して参る所存でございます。

サービス

B.F.S.では、お客様の夢を実現させるために以下のサービスをご提供しております

家庭教師

受験指導のB.F.S.において、お客様の夢を実現するためのメインとなるサービスです。我々の強みは、教師が全員京大生であることです。なぜ教師が京大生であれば良いのでしょうか。なぜなら、彼らは「受験での勝ち方」を心得ているからです。勉強の仕方を知っているからです。努力の方法を知っているからです。勉強の悩みを解決したいのであれば、それは誰に相談すべきか。言うまでもなく、勉強を得意とする人に聞けば良いのです。「餅は餅屋」理論です。また授業においてはただ闇雲に答えを教えるのではなく、どうしてその答えになるのかについて論理的に理解してもらう授業をいたします。(サービスについての詳細は下の画像をクリック)

B.F.S.の家庭教師|受験指導のB.F.S.

学習コンサルティング

B.F.S.では家庭教師の授業時間外での生徒様へのサポートが非常に大切であると考えております。学習コンサルティングでは、家庭教師の授業時間外でのサポートであるとお考え下さい。週に1回90分の授業を受けていただいたとしても、1週間は睡眠時間を8時間取ったとしても、残り、110.5時間あります。つまり先生と授業で向き合う時間は、1週間のほんの1.3%です。1週間の1.5時間の授業だけを真面目に勉強していても、残りの99%の時間をどう過ごすのかが大切になることは明らかです。従来の家庭教師は、この1%の授業だけのサポートに終始しておりましたが、B.F.S.では学習コンサルティングによって、残りの99%のお時間をサポートいたします。(サービスについての詳細は下の画像をクリック)

 

サポート体制

受験指導のB.F.S.では、ただ生徒様に勉強を教えることだけが成績向上に繋がるとは考えておりません。大切なことは、指導を受ける生徒様に高いモチベーションがあること、そして生徒様を応援する保護者様へのサポートを行うことだと考えております。そこでB.F.S.では、以下のようなサポート体制を完備しております。

受験生へのメンタルサポート

受験というものは、受験生にとって易しいものではありません。特に、精神面において、つらい時期が何度もやってきます。模試で成績が揮わなかった時、思うように計画が進まない時、どうしてもやる気が起きない時。そういった時に、受験生としてのほんの数年先輩である京大生が、生徒様のお気持ちを理解し、かつて同じ経験を乗り越えた方法で、生徒様のモチベーションを高く維持するサポートをいたしますこちらのサポートは学習コンサルティングでお受けいただけます

保護者様へのサポート

受験で戦うのは誰でしょうか。受験生自身がその一人であることは言うまでもありません。そして忘れてはならないのは、保護者様もまたその一人であると言うことです。「受験生との接し方」に悩まれておられる保護者様を数多く見てきました。我々は、そのような保護者様へのサポートも、受験生へのサポートと同じだけ注力させて頂いております。こちらのサポートはTELMAMサービスにてお受けいただけます。

自分だけの特別なサービス

我々は常にお客様が望まれるサポート体制の実現を目指します。そこで「こういったサービス・サポートをしてほしい」などのご要望がございましたら、お気兼ねなくご相談ください。我々が有するアセット(資源)をフル活用して、その実現に本気で通り組む所存です

B.F.S.のサポートの実績

大学受験においては、創設3年目において以下のような合格実績を積み上げてきました。これらの実績は、言うまでもく我々を信じて受験を続けられた生徒様と保護者様のお力があったからです。また近年では大学受験だけでなく、中学受験に挑まれる生徒様にも多くご利用いただいております。それは、京大生の多くが難関中学校の受験を経験しているからです。中学受験をお考えのお客様にも最高の授業をご提供いたします。
2019年度

(3期生)

京都府立医科大学 各1名
東京理科大学
明治大学
中央大学
静岡大学
京都精華大学
2018年度

(2期生)

大阪市立大学 各1名
同志社大学
立命館大学
関西大学
龍谷大学
2017年度

(1期生)

大阪大学 各1名
青山学院大学
明治大学
立命館大学

一歩を踏み出す

ここまで我々についてをお伝えしてきましたが、やはり実際にB.F.S.のサービスを実感していただき、その上で本当にお客様にとって最適な選択なのかを判断していただく必要がございます。その方法は、各サービスの無料体験でも、またはお問合せからご相談していただくのでも可能です。ここまでお読み頂いたお客様からのお問合せをお待ちしております。

Webフォームで問い合わせる
LINEで問い合わせる
3日以内に担当者がメール/LINEにてご返信いたします。

連絡先

郵便物送付先
〒540-0010 大阪市中央区材木町2-3-1402
E-mail
info@bfs-kyoto.com
メールアドレス
お問い合わせの返信先として用います。
お問い合わせ内容
1000文字以内で具体的にご入力願います。

閉じる