勉強法 受験全般

宅浪で京大に合格する方法|宅浪受験は最強の選択

この記事を書いた人
木村

皆さん、こんにちは!
B.F.S.にて家庭教師や学習コンサルタントをしております木村です。この度は「宅浪で京大に合格する方法」をご紹介したいと思います。

簡単な自己紹介

京大模試にて総合偏差値30台から受験開始。
その後、宅浪を経て偏差値を爆伸びさせ、当時、苦汁を嘗めた京大オープン、京大実戦にてA判定を獲得&上位者一覧に氏名掲載される。同年、晴れて京都大学文学部に合格!

実は、何を隠そう私自身が受験の手段として宅浪を選択し京都大学の受験に挑戦しました。
皆さんのご想像通り、最初は親や家族に大反対されました。「予備校に通わず京大に合格できるわけがない」と言われました。恐らく、多くの人がそう考えるのではないでしょうか。

しかしながら、当の本人である私はそう思いませんでした。なぜなら、宅浪で合格できる根拠があったからです。そして、実際に宅浪で京都大学の入試に勝ち抜き、それを証明しました。

この記事では、その根拠と方法についてお話し、次のような人にとってプラスになるような内容になれれば良いと思っています。
是非最後までお読みいただけますと幸いです。

こんな人に読んでいただきたい!
  • 宅浪にするか、予備校に通うべきかで悩んでいる
  • 家庭の事情で宅浪を選択せざるを得ない
  • 現在も宅浪で入試に挑んでいる
  • 塾や家庭教師を利用するものの、基本的には独学で受験勉強を進める
目次(クリックで該当箇所へ移動)

宅浪VS予備校

結論から述べると、私は「宅浪」こそ受験における最強の手段だと思っています。
その理由はいたってシンプルです。宅浪受験では、自分にとって最適な受験計画を基に勉強を進められるからです。
一方で、予備校では「決められた時間割」「決められた教材」「決められた教師」で受験を進める必要があります。この「あらかじめ決められた」ものを途中で変更することは許されません。受験の一年間は成績やモチベーションに様々な波があります。いうまでもなく、この波に応じて計画を修正する必要があるのです。しかし、予備校では、クラス全員が同じ計画の下で受験を進める必要があります。たった一人の個人のためにその計画を変えることや、一人一人に応じて授業の進め方や時間割を変えることはできないのです。

受験において、もっとも大切なことは、その時その時の状況、成績、環境に応じて最適な計画になるように修正を加えることである。

これを実現できるのは、束縛される環境が一切ない宅浪や、教師側ではなく受験生が主体で勉強を進められる家庭教師、個別塾などです。

最強な宅浪の落とし穴

理論上、宅浪という選択肢は最強です。しかしこれは理論上のお話です。
どういうことなのか?
ここでは、この理論上最強な宅浪という受験手段が「最強」から「最弱」になり得るお話をいたします。
結論から述べると、宅浪という環境で1年間、自分自身を自制することは非常に難しいです。
自分を自制するとは、自分で決めた計画をきちんとこなす、ということです。これって、字で書くと非常に簡単なことに見えますが、それをできずに宅浪を大失敗してきた受験生を多く見てきました。
なぜなら、宅浪という環境では寝坊しても計画を守らなくても誰にも叱られることがないからです。この自分を制する強い意志が宅浪では非常に重要となってきます。

宅浪において最も重要なことは、自分を自制できる強い意志。

仮にこの強い意志さえあれば、最強たらしめる理論を破綻させる要因は消え去り、恐らくどんな大学であっても合格を勝ち取り、予備校に通うどんな生徒よりも、成績をぐんぐんと伸ばすことができるはずです。

偏差値80を突破し、全国に名を馳せた私の宅浪時代の1日のスケジュール

少しばかり自慢にはなりますが、宅浪を選択する皆さんを勇気づける目的で、「宅浪でもここまで成績はあがるんだぞ」という目安にして頂けますと幸いです。
冒頭でもお書きしましたが、私は最初「宅浪」という選択を大反対されました。
そこである説得をし、親、家族を納得させました。ぜひ、今まさに絶賛反対され中の方はご参考ください!

宅浪を許可してもらう説得方法

結局、反対する人が一番気にすることは「宅浪なんかで成績をあげられるのか!?」ということです。
そこで私はこう反論しました。

宅浪で成績を上げられるの?無理でしょ!予備校に行きなさい!

春から宅浪で3か月間勉強し、もし夏の模試でA判定じゃなければ秋からは予備校に行きます。ただ、もしA判定であれば、私の宅浪という選択を信じて、その後も継続させてほしい!

この説得により、私の宅浪(とりあえず3か月間)が許可されました。そして運命を分ける、そして自分の考えを証明する夏の模試が返却されました。結果が以下の画像の通りです。

宅浪をはじめ最初の模試の成績

夏の模試で東大・京大A判定を取った私のスケジュール

なんと、京大だけでなく、東大などすべての大学でA判定を出すことに成功しました。これで晴れて、1年間という私の宅浪生活が許されることになりました。

ただ、私自身、この成績をとったことは奇跡だと思っていません。その後も同じような成績を取り続けました。
この成績を取れたのは、上記でも述べた「自分に合った最適な勉強計画」を実践しただけでなく、圧倒的な勉強量を確保したからです。

1日のスケジュール
時間 内容 備考
05:00 起床 起きてすぐ京大のパンフレットに目を通しやる気注入。
05:30 勉強開始 朝食は勉強をしながら「ブドウ糖」の摂取のみ。
12:00 勉強がてら昼食 昼食は勉強をしながら補給。
19:00 勉強がてら夕食 夕食は勉強をしながら補給。
21:00 入浴 入浴前に数学の問題を見て、入浴中にその解法を考える。
21:30 勉強再開 机に向かって勉強再開。
23:00 勉強終了 布団に入り、眠りにつくまで頭の中で暗算の練習。

この1日のスケジュールを1年間続けました。京大を受験するほとんどの人に、まずは勉強量で勝たなければと思い、毎日を頑張りぬきました。このスケジュールは、宅浪生だからこそ、実現できるものです。
無駄な移動時間や、勉強より楽しい友達との会話の時間など、成績を上げるために必要ではない全てを排除できるのは宅浪だからです

ただ裏を返せば、こういった無駄な時間=息抜きできる時間がないからこそ、宅浪を選択する人の多くが堕落してしまうのです。結果、自分で決めた甘い休憩時間が1時間も3時間も及び、予備校に通う受験生よりも無駄な時間を多く過ごすことになってしまうのです。
上のスケジュールでは一切休憩時間を取っていませんが、適度な休憩は必要ですので、無理せず良いメリハリを付けてください。

継続は力なり

京大を目指し始めた当初。私は、順位を下から数えるほうが明らかに早いような成績でした。しかし努力は裏切りません。上のスケジュールを来る日も来る日も続けた結果、とうとう上から順位を数えるほうが早い成績になりました。

最後に

宅浪は、それを行う受験生自身が自分を自制することさえできれば、最強の受験方法です。
私の歩んだ軌跡が、一人でも宅浪生の背中を後押しできれば幸いです。

木村の学習サポートを受けたい!

こんな私の受験サポートを受けたい!と言ってくれる受験生の方も少なからずいます!(笑)
もしそのような方がおりましたら、学習コンサルティングサービスをご検討ください。

 

Webフォームで問い合わせる
LINEで問い合わせる
3日以内に担当者がメール/LINEにてご返信いたします。
メールアドレス
お問い合わせの返信先として用います。
お問い合わせ内容
1000文字以内で具体的にご入力願います。

閉じる