サービスについて 受験全般 文系科目のいろいろ 高2生以下向け 高3生・浪人生向け

京大生が断言する「添削指導を受けることの大切さ」

この記事を書いた人
木村

受験生の皆さん。こんにちは!学習アドバイザーの木村です。
今回の記事では入試において英語や国語で論述問題があり、さらにまだ添削指導を受けていない方へ向けた、添削指導って大切ですよということをお伝えするための記事となっております。この記事をご覧になり添削指導の重要性を理解された方は、未来の合格に向けて今すぐにでも添削指導を開始しましょう。

目次(クリックで該当箇所へ移動)

そもそも添削指導とは?

添削指導とは、例えば英語でいうと英作文や、数学でいうと記述解などといった、受験生が作成した答案が良いのか悪いのかを判断してもらう指導ということです。受験風に言えば、ご自身の答案が点数に結び付くか否かについてその道のプロに意見を求めるということです。

添削指導はなぜ大切なのか?

受験における記述式の答案にはいくつものルールが存在します。これはしちゃいけない、あれはしてよい…といった細かなルールです。そして残念なことに、そのような無数のルールを学ぶ機会は通常の学校の授業などではありません。

では、そのようなルールを知らず受験日当日を迎えた受験生はどうなるでしょうか?いうまでもなく合格点をとれることはないでしょう。イコール不合格となってしまいます。では、もう少しこの不合格のメカニズムを解説します。

ルールを知らない受験生は2倍不利になる

受験生は大きく2種類に分けられます。一方は、記述答案のルールを知っている受験生。他方は、記述答案のルールを知らない受験生。さて入試後、大学の教授たち(採点者)が答案の丸付けに入ります。採点者の目の前には前者と後者の答案が並んでいます。この時採点者は恐らく後者の答案を見てこう感じるかと思います。

「きちんと対策をしてこなかったんだな。」

この時点で後者への印象はかなり悪くなってしまいます。論述式の問題が多い二次試験の採点は、機械ではなく、感情を持ち合わせた人が採点しています。そうであるならば言うまでもなく答案への印象は採点という行動において重要となってきます。よって記述答案のルールを知らない受験生は、実際に付けられる点数も低く、さらには答案への印象も悪くなってしまうのです。

添削指導はいつから始めればよいのか

添削指導を始めるのに遅すぎることはありません。できる限り早い段階から始めて下さい。その理由を2点あげます。

1点目:終わりのない学習

まず添削指導というものには、何か参考書があるわけではありません。つまり終わりがない学習ということです。例えば、300Pに及ぶ参考書であっても、300ページ目をやり切れば一応学習としては終わりです。一方で添削指導の仕組みは、受験生が答案を提出し、添削者がその答案に対して赤ペンを入れ、受験生は返却された答案を見て新たな知識を吸収する、という流れです。

つまり、添削を開始した時期が早ければ早いほど入試までにインプットできる知識量は豊富になるのです。知識量が豊富ということは、受験本番で犯すミスを減らせるということになります。

2点目:知の巨人の目を養うのに時間がかかる

さらに、添削を受ける理由はもう一つあります。それは添削者の目を養うということです。添削者の目を養うということは、添削する人がどのような観点で良し悪しを判断するかを理解するということです。添削者が採点において目を付ける箇所を理解できるようになると、「この問題は恐らくこの部分を問うているのだな」と予測しミスを回避できるのです。簡単に申し上げましたが、添削者の目を養うことは一朝一夕では出来ません。なぜなら入試における添削者は知の巨人である大学教授たちです。大学教授と同じ視点を持てるようになることがいかほど難しいことなのかは言うまでもないです。つまり相当な時間を必要とします。

添削を実際に始める

誰に

添削指導を受ける場合、まずは誰に添削してもらうかが重要となります。一つの基準としては、ご自身の受験される大学以上の難易度の大学に合格した人に依頼しましょう。理屈で考えれば簡単な話で、受験に記述式問題が必要なかった人に添削をしてもらっても、その添削結果から得られることは期待できません。さらに、入試難易度がA大学>B大学>C大学の時、B大学に合格している人は恐らくB大学とC大学の入試問題であれば受験生に勉強を教えることができるでしょう。つまり、B大学とC大学の問題であれば添削は可能といえます。

いつ・どれくらい

いつから始めるのかに関しては前述したとおり、できる限り早くに開始してください。頻度でいうと、例えば入試本番まで1年以上ある人なら週に1回からは答案を提出しましょう。入試本番まで1年を切っている人は週に2回以上は添削を受けて下さい。

どこで

学校や予備校で添削してもらえる機会がある人は積極的にその機会を利用してください。一方で、宅浪であったり、添削してくれる人が周りにいない人はB.F.S.の添削利用をご検討ください!添削者は全てが京大の論述試験を突破してきた京大生なので、東大を除くすべての大学の添削が可能となります。

B.F.S.の添削指導

B.F.S.の添削指導の良さは3つあります。

  • 恐らく日本で最も論述の問題が多く、難易度が高い京大生による添削指導。
  • ついこの間まで受験生をしていた京大生による指導なので、より受験生の目線に立った指導が可能。
  • ただ添削して終わりではなく、添削後の解説授業も行っている。

B.F.S.の添削指導は他社ではほとんど見ない解説授業を実施しております。つまり添削した内容に対して受験生に丁寧な解説を行い、また受験生も思う存分質問できます。ご興味をお持ちの方は下記ページより詳細をご確認下さい。

詳細ページはこちら

終わりに

添削指導がいかに重要なのかについてお話をいたしました。東大や京大を始めとする難関国公立大学をはじめ、慶應、早稲田、同志社大学などの難関私大大学でも論述問題が課されています。
論述問題は比較的少ないから添削指導は大丈夫!
本当にそうでしょうか?1点の差で合格を勝ち取れなかった受験生を毎年多く見てきました。その1点にどれだけ執着を持ち、対策を立てられるかが合否を分ける鍵となります。本当に合格したいのなら、すぐにでも添削指導を受けるようにしましょう。

Webフォームで問い合わせる
LINEで問い合わせる
3日以内に担当者がメール/LINEにてご返信いたします。
メールアドレス
お問い合わせの返信先として用います。
お問い合わせ内容
1000文字以内で具体的にご入力願います。

閉じる