受験全般

添削指導を受けることの大切さ

この記事を書いた人
木村

添削指導は受けるべき

/

受験生の皆さん。こんにちは!学習アドバイザーの木村です。
今回の記事では入試において英語や国語で論述問題があり、さらにまだ添削指導を受けていない方へ向けた、添削指導って大切だよ〜ってことを伝える為の記事となっています。この記事を見て添削指導の必要性を感じられた方は、未来の合格に向けて添削指導を開始しましょう。

添削指導とは

簡潔に言うと、自分の答案が良いのか悪いのかを判断してもらう機会です。馴染みの言葉で言えば「赤ペン先生」ですよね。赤ペン先生なる添削者が、受験生が書いた答案に丁寧にケチをつけていくのです。いわゆるこれが添削指導です。ま、恐らく多くの方がこの事は理解していますよね。

多くの人が本当に理解していない事は「添削指導の大切さ」です。

添削指導はなぜ大切なのか

添削指導を受けてきた受験生と、そうでない受験生の最も大きな違いは「不正解を知っているか」という事です。前者は「何が間違いになるのか」を知っています。参考書や問題集の多くは「正解」ばかりを書き綴ります。しかしよく考えてみると、世の中「間違い」の方が圧倒的に多いのです。入試では、過半数の人が不合格になってしまいます。つまり、正解よりも不正解の方が圧倒的に多いのです。
つまり、正解を多く知ったとしても、その後ろに広がる不正解を全く知らない状況では、どうしても歯が立たない問題が出てきてしまうのです。自分が書いている答案が、実は入試の現場においては不正解とされるがそれを知らなかったという事は頻繁にあります。添削指導を始められた受験生の多くが初めに口にする言葉は「それってダメだったんですか…知らなかったです。」というものです。誤った知識のまま入試に突入してしまっては、手遅れになってしまいます。そうならない為に、今すぐにでも添削指導を開始しましょう

添削指導に早すぎるはない⁈

高校1年生だけど、添削指導を受けるにしては早すぎませんか?といった疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。早すぎる、という事はありません。むしろ遅すぎる位かもしれません。入試、特に論述問題を要する試験において、受験生が目指すべきポイントは「自分の感覚」を「採点者が丸を付ける感覚」に近づける事なのです。しかしながら、これから多くの知識を覚えて、それを使い回せるように演習を積んで行こ〜としている受験生の感覚を、大学で教鞭を取っておられる大学教授(採点官)の感覚まで近づけることが、果たして簡単だと思われますか?恐らく長い時間と労力が必要となってきます。その為には、まだ高校1年生と言えども、もしかすると遅いくらいなのかもしれません。気づいたが吉日です。今すぐに添削指導を開始しましょう。高3生や浪人生は言うまでもありません。

誰に添削を受ければ良いの?

改めて、「採点者が丸を付ける感覚」というものについて考えていきましょう。これはつまり何かと言うと「合格点を付けられる答案を書くことの出来る感覚」と言い換えられます。つまり「これは正しいと評価される」と「これは間違いを付けられる」という2つの感覚を身につけられれば良いのです。つまり、この2つの感覚を身につけた人に添削を受けるのが最も良いのです。

例えば、賢すぎるような人、つまり「なんでそんな答案を書いてしまうのか理解できない」といった受験生目線での添削を行うことが出来ない人は要注意です。なぜなら、こういった人の答案は、彼の膨大な知識の中から正確無比な言葉を使った答案が「模範解答」とされてしまうからです。これは全くもって受験生が受験会場で緊張し汗をかきながら必死になって絞り出せる答案ではありません。添削指導で添削者が大切にしなければならないことは、受験生の知識の中から合格答案を作られるとすればどうなるのか、という視点です。添削指導を受けられる方は、こういった人から添削指導を受けるようにしましょう。

B.F.S.の添削指導

B.F.S.の添削指導ではまさに「受験生の知識の中から合格答案を作られるとすればどうなるのか」という事を最も大切にしています。なので添削者は全て京大生です。京大生は最難関の一つである京都大学の英作文で合格点を取ってきた英作文のエキスパートです。何が正しく、何が減点されるのか、という事を誰よりも理解しています。受験当日に使う事のできない答案ではなく、受験生が入試本番で使える表現を徹底的に教えるのかB.F.S.の添削指導の強みです。

またB.F.S.の添削指導は、添削の手軽さと速さも他社に負けない強さの秘訣です。上にも書いたように、合格答案を作成出来る感覚を身につける為には膨大な時間が掛かります。それなのに月に数回の添削指導では、到底時間が間に合いません。そこでB.F.S.の添削指導では、ライン@を用いて携帯上で写真でのやり取りを行っています。それにより、受験生が手軽に添削指導を受けられます。

友だち追加

上のボタンより追加が可能となっていますので、まずはお友達追加を行って下さい。
またB.F.S.の添削指導に興味をお持ちの方は、コチラより詳細をご確認下さい。

終わりに

添削指導がいかに大切なのかについてお話をさせて頂きました。東大や京大を始めとする難関国公立をはじめ、慶應・早稲田・同志社大学などの難関私大でも論述問題が課されています。論述問題は少ないから添削指導は大丈夫!本当にそうでしょうか?1点で泣く受験生を毎年多く見ます。問題数の話ではなく、その1点にどれだけ執着を持ち、対策を立てられるかが合否を分ける鍵となります。本当に合格したいのなら、すぐにでも添削指導を受けるようにしましょう。

B.F.S.の添削指導を受けられたい方は、コチラの問い合わせページもしくは、ライン@でお友達追加して頂きお問い合わせ下さい。

友だち追加

このカテゴリーの他の記事